歯医者で治療をして健康的な口内を手に入れよう│デンタル百科事典

医療器具

歯が抜けたら治療する

先生

歯が抜けると隙間に食べかすが残りやすくなり、虫歯ができやすくなるなど、以後の歯の健康にも影響があります。噛み合わせが悪くなると、顎の関節や筋肉にも痛みがでるようになります。もちろん見た目も悪いです。更に放置が進むと、抜けた歯の部分を埋めようと周りの歯がそこに向かって移動していきます。両隣の歯はその空いたスペースに向かって倒れてきますし、抜けた歯と噛み合っていた歯は伸びてきます。こうなってくると、噛み合わせは更に悪く、隙間はあちこちに広がり、食べかすはより詰まりやすくなり、食事はおろか話すことにも不自由することになります。放置が進めば進むほど、治療も困難になります。そして、悪化は歯と口の周りにとどまりません。「噛むこと」は血液の循環も活発にするという働きもあります。これがうまくいかなくなると、頭痛、肩こり、耳鳴りがおこるなど、全身状態にも影響が出てきます。ものを噛む、ということで、脳に情報を伝えるセンサーもあるのですが、その情報もなくなっていくため、認知症になりやすくなるとまで言われているのです。おそろしいことですね。一本歯が抜けたぐらいで、なんて決して思わず、きちんと歯医者で治療を受け、入れ歯が必要ならば入れ歯を作る、などの対策が必要なのです。

歯の異常を放置する人は後を絶ちません。入れ歯の例で書くと、歯を抜いて入れ歯を作ったのはいいけれど、はめるとどうも違和感がある、慣れない、といって、入れ歯をやめてしまうことがあります。他の歯で噛むことはできるし、いいんじゃない。というのがそういう人たちの言い分ですが、抜けた歯を放置する危険はこれまで述べた通りです。歯が抜けてしまったのなら、必ずそこを何で埋めておく、ということが重要なのです。