歯医者で治療をして健康的な口内を手に入れよう│デンタル百科事典

歯医者で治療をして健康的な口内を手に入れよう│デンタル百科事典

白い歯

歯医者のススメ

歯医者

歯は大事です。筆者も父にそう刷り込まれてきました。歯が痛いと、ごはんがおいしく食べられません。ごはんがおいしく食べられないと、充分な栄養が摂れません。充分な栄養が摂れないと、病気になる確率も上がります。体を壊します。なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」式の言い回しになりましたが、実際その通りだと思います。「ごはんがおいしく食べられる」というのは、人間の健康を維持するためにどうしても必要なことであり、そのためには、歯が健康であることが大事なのです。少しでも歯に違和感を感じたら歯医者さんを受診する、また、おかしなところがなくても定期的に、歯医者さんで健診を受けたりできたらベストですね。さて、歯が健康という意味には、自分の歯であることが条件として含まれていますが、しかし、既に歯を悪くして失ってしまった場合、それをとやかく言っても始まりません。歯を失ってしまった人がそれ以上事態を悪くしないためには、「入れ歯をする」という選択肢も必要になるでしょう。歯が抜けたのに、入れ歯も何もせず放置していると、歯や口の周りだけでなく、全身のいろんなところに影響が出てきます。頭痛や肩こり、耳鳴りといった症状も出やすくなりますし、認知症になりやすくなるとまで言われています。もしも歯が抜けるような事態に陥った時には、歯医者で入れ歯や差し歯を入れてもらうことが大切です。

歯が抜けたら治療する

先生

歯が一本でも抜けていると、当然、歯をうまく噛み合わせることができず、噛む力が弱くなるので、ごはんが上手に食べられません。抜けた状態を放置していると身体に不調が出る場合もあるので治療が必要となります。

加齢によって歯は抜ける

医療器具

加齢によって歯は抜けやすくなります。歳だから仕方が無いと放置するのではなく、できるだけ早めに治療が必要となります。歯医者が怖いという理由で歯科治療を避けていると、その分トラブルも大きくなっていきます。

入れ歯治療をする

病棟

入れ歯の種類は、大きく分けると2種類になります。部分入れ歯と総入れ歯の2つとなっています。こうした入れ歯治療ができる歯科も数多く誕生しています。最適な歯科を見つけることで最適治療が行なえます。